So-net無料ブログ作成

やっちゃったよ [子育てのこと]

朝、カーテンを開けると一面まっしろ!!

「雪が降ったら、幼稚園で雪合戦がしたいんだー」。
週間天気予報で知ってから、息子くんが心待ちにしていた「雪の日」がついにやってきました。

暖冬の今年は雪遊びはムリかなーとあきらめてたから、嬉しいよね。

喜び勇んで、いざ幼稚園へ。

しかし。
この雪のせいでバスが全然こない。

しかたないので歩くことに。
慣れない雪道をてくてくてく・・・

やっとの思いで幼稚園に到着したのです、が!!

「今日、幼稚園の子たち、来てないですよ。」と守衛さん。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!(心の叫び)




大雪警報が出てたのに気付かなかった。

警報が出るとお休み(または遅れて登園)なんです。
しかも、本日は半日保育=早朝に警報が出ていた時点でお休み確定、なのであります。

どひゃあ。やってしまったよ。

帰りはバスがちょうど通りかかったので、楽に帰宅できたのが幸い。
(交通費の無駄遣いともいう。)

とほほ・・・




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

たてつづけに・・・ [暮らしのこと]

調子の悪い電化製品がいくつか。
悪くなるときはたてつづけになるのね・・・

先日から気になっているのが、ティファールの電気ケトル。
毎日のティータイムに大活躍してくれている5年もの。

もともとは息子くんが生まれたとき、調乳用にと買ったもの。
80度で1時間ほど保温ができるタイプ。いま思えばこの機能が必要だったかは「?」ですが。(しかも粉ミルクは1か月くらいしか飲まなかったし。)

最近、使っていないときに勝手にランプがついていることがあります。
幸い、通電はしていないのですが、突然この現象が現れるので、気味が悪いです。

そうでなくても買い替え時かな。
注ぎ口のあたりとか、プラスチックが劣化していて、本体が温まると臭いがするのが気になってたし。

次買うなら、蓋が外れるタイプがいいなぁ。




ティファール以外のメーカーのも検討したい。




*

気になっているもの、その2。
キッチンで使っている電源タップ。

先月、キッチンに家具を一つ入れました。
(何を買ったかはまた後日。むふふ。)

で、コンセントの口数が足りなくなってしまったので、応急処置として使っていなかった電源タップを使用することに。たぶん旦那がパソコンまわり用に買ったものと思われます。どのくらい使っていたかは不明。

このタップ、通電したときに点灯するオレンジのランプがついているのですが、これが何故か「またたく」ように点滅するようになったんです。
「接触が悪いのだろうか?」と不安に思っていた矢先、またたきのスピードが遅くなってきて、ついには消えてしまいました。

「消えたけど家電が使えるてことは、接触が悪いとかじゃなくて、きっとランプの電球的な部品が切れたんだ」と、素人的判断ではありますが、ひと安心。

が。翌日、またまたたきはじめた。(汗)
というわけで再び不安に。

見た目的な意味でも、いずれは買い換えたいなぁ。

*

気になっているもの、その3。
コードレスアイロン。どのくらい使ってるかなぁ。7年くらい?

今朝、旦那のカッターシャツにアイロンをかけていたところ、突然ランプが消えて、蓄熱できなくなってしまいました。

ググってみたところ、電気に明るい旦那さまたちが奥さまのアイロンを直したという記事が。(うらやましい。)
参考にしてまねてみたいのですが、わたしに修理はムリ。
唯一できそうなこと、「蓄熱する部分がうまく接触していないのかも」というのをヒントに、つまようじで部品をクイクイ♪してみたところ、接触がよくなったのかな、通電するようになりましたー!

洋服以外にも、趣味の手芸でも酷使しているアイロン。
いずれは近いうちに買い換える日がきそう。

ティファールのアイロン、気になる。




誕生日会 [子育てのこと]

昨日は幼稚園の誕生日会でした。
ほんとうのお誕生日よりも、ちょっとだけ早いんだけどね。

親の出番が多めなのがもはや名物(?)の、息子くんの幼稚園。
誕生日会もお母さんによる出し物があります。

冬休みを挟んでの準備と練習はたいへんでした。
じゃんけんで負けたわたし、人形劇の主役でした。(笑)
ぐだぐだで申し訳なかったですわ。

とりあえず無事(?)終わってよかったー。
幕の下からは子どもたちの表情がみえなかったけど、声の感じでは盛り上がってたかな?

*

後半はおやつを食べて、自由遊びの時間。

息子くんとお友達とわたしの5人ですごろくをやったのですが・・・・・あれ?すごろくってこんなに疲れる遊びでしたっけ。(苦笑)
「あーじゃない!こーじゃない!ぎゃーぎゃー!!」と大盛り上がり。

女の子と遊んでいることが多いのかなと思ってたのに、この日は男子チーム。
自分からぐいぐいと関わっていくタイプでなく、どちらかというと受け身だと思い込んでたけど、結構対等に遊べていたのは意外でした。
ういてないかなぁ・・・っていつも心配してたから、ちょっと安心しました。

*

幼稚園でいただいたおたんじょうびカードには、手形と、大好きな担任の先生からのメッセージと、ツーショット写真。
すごい満面の笑み!わたしが写真をとるとき、こんな顔してくれたことあったっけ?!ってくらい。

あと。最新スペック。

身長:104.2cm
体重:17.6kg

ちなみに最近買った靴のサイズは、18cm。
17cmを買うつもりででかけていったから、びっくりしたわー。

*

すてきなお誕生日会になってよかったよかった♪

わたくし的に一番印象に残っているのは、舞台に立った息子くんが名前と歳を聞かれて大きな声で答えたあとで、副園長先生がおっしゃった一言。

「うわぁ。先生、なんだか嬉しくなってきちゃうなぁ。」

とても感情がこもった言葉でした。
先生も息子くんの成長を感じてくれたんだなぁ・・・と、親として感謝。

そうだよね、こじらせてた年少時代を知ってるもんね。
あの時期に比べると、うんと聞き分けがよくなった息子くんに成長を感じるわけです。

しかも、とばっちりが直撃してたひとりだもん、副園長先生。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

幼稚園用レッスンバッグ [手しごとのこと]

今日から新学期がスタート。

入園児にキルティングで作ったレッスンバッグ、底の部分が擦れて中綿が見えてる・・・
というわけで、作りました、新・レッスンバッグ。
冬休みの最終日に!ギリギリセーフ!

今度はキルティングじゃなく、オックス×帆布で作りました。

160107_01.jpg
早朝の撮影でボケてるし・・・

幼稚園の規定サイズよりも、ちょこっとだけ大きめにしてみた。
だって、小さすぎるんだもん。
週末に持ち帰る荷物が多いとき、すごく不便だったんだよね。

表地は世界遺産柄。変わってませんか?
ちょっと賢そうにみせようと狙ってみた。(笑)

底の部分、緑色の帆布との切り替え部分は、縫い代を抑えるために表からステッチをかけてあるのですが、直線縫いでなくジグザグミシンでやってみました。(写真ではみえないけど。)
あえての同色。よーくみると凝ってる、というのが好きなのです。

外側に縫い付けたお名前テープは、幼稚園のママ友からの贈り物。
キットを買って作ってくださったもの。息子の好きな電車の刺繍入り。
これを付けたおかげで、クオリティーがあがった気がするわ~。

160107_02.jpg
ちらみせ。

裏地はストライプ。わたしの定番。

わたくし的にはバッグの裏地にストライプは使いやすいと思っております。
表の柄を選ばない(ことが多い)と思うから。
特に”細い”ストライプね。縫い合わせる部分の柄を合わせる必要がないから楽。

もちろん一番らくちんなのは無地ですが。
あと水玉もよいのですが、女子向けよね。男子には使いづらいかなぁ。


この世界遺産柄の布、いーっぱいあるからまだまだいろいろ作れそう。

あ、そうだ。
このレッスンバッグ、記念すべき2016年の初縫いだわ♪



ついにひとりで外を・・・?!(後編) [子育てのこと]

(前日の続き。)

鍵を持っていない息子くん、マンションの前で待っているはずなのに、いない!

でも、ひょっとしたら他の住人にくっついてオートロックをくぐりぬけたのかもしれないし。
なら、1階のロビーで待っているはず。
だって、エレベーターには一人で乗れないから。
(それだけは頑なに拒否してたから。)

ところが、ロビーにもいない。

えーーー!!
てことは、エレベーターにも乗っちゃったんだね。
そっか。ほかの住人にくっついて乗ったとか・・・???

そこへ宅配便のおじさんが通りかかり、わたしにひとこと。
「○○号室の○○さんですよね?お子さん、家の前で泣いてますよ。」

えーーー!!

とりあえず、さらわれちゃった説は払しょくできたけど、競争の勝者が家の前で泣いているとは、どういう状態?!

で、エレベーターに乗って自宅に到着した私がみたのは。
必死になってインターホンを鳴らし、ドアを開けようとしている息子くん。
(もちろん施錠してあります。)

私の姿をみて、飛びついてきた。そして逆切れ。(汗)
「どうして先に行っちゃうの!なんで開けてくれないの!!」って。

おわかりになりましたでしょうか?

息子くん、どうやら歩道橋を渡り切ったところにママの姿が見えなかったので、置いて行かれたと思いこみ、全速力で帰ってきたらしい。

うわあ、すごい勘違い。思い込み激しすぎるわ~。

そんな風に思っちゃう私、冷たすぎますか?

だってさ、歩道橋を渡り切った息子、私を探す様子なんて全然なく、全力疾走で消えて行ったんですよ。
もーー。

そんなわけで思いがけなく、ひとりで外を歩く(走る?)経験をした息子くんでした。
無事でよかった。

ところで、ほかのお子さんは何歳くらいで経験するんだろ。ひとりで外出。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。